やーすけの雑記ブログ

働き方、食生活、運動、資産運用など思いつくまま書きたいことを書く!

書評:成功者への道「CHANCE」

f:id:yasuke555:20180922200853j:plain

 

どうすれば人生で成功できるのか、お金が稼げるのか、幸せになれるのか。

そんなことを考えている人は多いと思いますし、僕もその一人です。

そんな方たちにこそ読んでほしいのがこの本。

 

チャンス (PHP文庫)

チャンス (PHP文庫)

 

著者について

成功すれば幸せになれると信じ、24歳で中古車ブローカーとして起業するが失敗。
生活もままならない状態になり、ディスカウントストアのパートで日々をしのぐ。

2年後、人付き合いのコンプレックスを克服するために最も苦手なセールスに挑戦。
人の動かし方、組織の作り方を学びながら27歳のとき年間3000名が在席する
会社で全国1位を獲得。

翌年に再独立し、マーケティング会社を設立。順調に業績を伸ばしていく。
30歳で4つの店舗を持ち、9つの法人の役員を勤め、個人で経営する会社の売上が
1億円を超える。
障害児の自立支援と起業家を育成する二つのNPOを設立し社会貢献に取り組む。
さらに、「時間の自由」を手に入れるために業務を人に任せていき週休6日を実現する。

こうして世間で言われる成功(収入、地位、名誉、時間)を手に入れたものの
"完全に満たされた幸せ"は感じられなかった。

31歳のときに友人から紹介されたトラウマを解放するセラピーに衝撃を受け、
以来3年間で200個以上のメンタルブロックを解放。
その過程で成功と幸せは軸が違い、成功にステージがあるように幸せにもステージが
あることを発見。成功と幸せを両立させるハピサク(ハッピー&サクセスの略)という
生き方を確立する。

2005年には東京から八ヶ岳に移住。
毎年ハピサクを伝える成功小説を発表し、ベストセラーとなっている。
平行してハピサクレッスンやマジカルワンド等のセミナーを完成させ、
それらは公認トレーナーによって全国で開催されている。

 

主人公は24歳で中古車販売業で独立しているのですが、ビジネスはうまくいっていません。

そんなとき、いくつもの会社を経営し「成功者」となった男性と出会い、自分も成功者となるため、様々な試練をくぐり抜けて成長していくというサクセスストーリーです。

この本は小説の形をとっているが、中身はビジネスで成功するためのノウハウが詰まった本で、書店なら小説の棚よりはビジネス書の棚に置かれるべき作品です。

僕はこのような形の本を読んだのは初めてだったのですが、簡単な文章で書かれているし、主人公と成功者の対話の形でノウハウを学べるので、スラスラ読めました。

 

ビジネスを行うにおいて、様々な状況における具体的なアドバイスも多数含まれているのですが、今回僕に響いたのは成功者になるための心構えです。

特に重要だと思った点

・成功するには素直になり、メモ魔になること。

・自分が成功者であるというセルフイメージを持つことで行動が伴い、実際に成功できる。

・そのためには考え方より先に、成功者がする行動を取り、言葉に出すことで考え方を変える。

・人生は思った通りにしかならない、よって思えばその通りになる。

・他人の目を気にするのは下らない自尊心のせい。

・投資を先に行い、消費は後。

・成功の邪魔になる既成概念を捨てる。

・今の自分の環境は自分の考え方が生んだもの。それを現実として受け入れる。失敗者は単に環境のせいだと捉え前に進めない。

 

筆者が実際に会社を経営した経験をもとにしたストーリーだと思うので、色々降りかかる問題が生々しく感じられます。

筆者のサイトである

犬飼ターボのハピサク道/犬飼ターボ公式HP

のCHANCE紹介ページには、この本のエッセンスが凝縮された

   「成幸のカニミソ

というファイルがありますので、これを読んでみて、興味が沸きましたら是非本編も読んでみることをオススメします!